3冠王者バイエルン始動!指揮官不在もほぼフルメンバー集結 リバプール移籍報道のMFチアゴも参加

[ 2020年9月12日 01:50 ]

新シーズンに向けトレーニングを開始したバイエルン・ミュンヘンの選手たち(AP)
Photo By AP

 2019―20シーズンの3冠王者バイエルン・ミュンヘンが11日から新シーズンに向け始動。ポルトガル・リスボンで欧州CLを制してから3週間の休養を終えトレーニングを開始した。1週間という短い準備期間を経て、18日の金曜(日本時間19日午前3時30分)にはシャルケとリーグ開幕戦を戦う。

 8日から開始した新型コロナウイルス検査を終えたチームは、この日初めてピッチでトレーニングに臨んだ。しかしフリック監督は初日の練習には参加せず。クラブ公式ホームページによると、先日亡くなったホッフェンハイム会長ペーター・ホフマン氏の葬儀に参列するために欠席したもよう。そのためアシスタントコーチのヘルマン・ゲルラントがトレーニングの指揮を執った。

 選手では新加入の18歳DFタンギ・ニャンズが大腿部の負傷により欠席したが、ほぼフルメンバーが集結。DFジェローム・ボアテングとDFアルフォンソ・デイビスは別メニュー調整だった。

 一方、リバプールへの移籍報道もあったMFチアゴ・アルカンタラは元気にトレーニング参加。期待の新戦力FWレロイ・サネも初日から切れのある動きを披露した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月11日のニュース