ユベントス 新たな獲得候補にジルーが浮上 伊メディアが報じる

[ 2020年9月11日 08:52 ]

 伊スカイ・スポーツ(電子版)は10日、ユベントスが獲得を目指している新たなセンターFWに関し、チェルシーのフランス代表FWオリビエ・ジルー(32)が新たな候補として浮上したと報じた。バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)、ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)ら、他の候補者との交渉にはまだ障害がいくつか残っているからという。

 ユベントスは今季クラブOBで、元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏(41)を新指揮官に招へい。アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)に構想外を言い渡した中、新たなセンターFW獲得が急務となり、バルセロナ退団が濃厚なスアレスの獲得がほぼ確実な状況とも報じられている。ユベントスとスアレスはすでに金銭面で合意。契約をあと1年残すバルセロナとも契約解除で話しが進められており、スアレスはイタリア国籍のパスポート取得のため来週にもイタリア語のテストを受ける予定と報じられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月11日のニュース