ルヴァン杯、ブロック別「仕切り直し案」は見送りの可能性浮上

[ 2020年5月30日 05:30 ]

 ルヴァン杯のブロック別による「仕切り直し案」は見送られる可能性が出てきた。長距離移動による感染リスクを避けるため近隣3クラブで5組に分け、1次リーグをやり直す案が議論されていた。

 だが、既に消化した1試合を無効とすることに反対も多く、また8月以降は移動への制限も緩和される見通し。現時点では1次リーグは3試合、準々決勝からノックアウト方式(各1試合)の簡略案で実施される可能性が高まってきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月30日のニュース