湘南 53日ぶり練習再開 “密”回避 指揮官安ど「思い出すトレーニングを」

[ 2020年5月27日 13:21 ]

<湘南練習>マスク着用し、別メニューをこなす梅崎(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 湘南が27日、馬入の練習場でグループ練習を再開、4月5日から活動を休止しており、53日ぶりだった。

 練習は選手を2組に分けて、時間をずらしてボールを使い、ドリブルやパスの練習を行った。選手は登山などで使うネックウォーマー型のマスクを使用し、対人練習も密接を避けるために行わず、練習中も飲料水は共用を避けた。クラブハウスは使用できないため、選手は練習が終わるとそのまま車で帰宅、感染対策を徹底した。

 練習を終えた山田直輝は「率直にみんなと会えて、芝の上でボールを蹴れて幸せだと思った。きょうはみんなで楽しくという感じ」と話す。浮島監督も「やっと再開できた。2カ月以上立っているのでしっかり思い出すトレーニングをしていきたい」とほっとした様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月27日のニュース