神戸 ダントツ人件費69億2300万円、2位名古屋を30億円上回る

[ 2020年5月27日 19:40 ]

神戸・MFイニエスタ
Photo By スポニチ

 Jリーグは27日、19年度のクラブ経営情報開示の先行発表を行い、神戸の人件費がJリーグでダントツの69億2300万円を記録した。

 前年比で24億4600万円の増加した。18年は半年間の所属だった元スペイン代表MFイニエスタが1年間を通してプレー。また、元スペイン代表FWビジャ、そして昨夏にはベルギー代表DFフェルマーレンや元日本代表DF酒井が加入していた。

 2位の名古屋が39億7300万円だったのに対し、約30億円も上回った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年5月27日のニュース