突然の別れから2年…J2徳島、大杉漣さん命日に“共闘”誓う「今シーズンもともに」

[ 2020年2月21日 15:46 ]

18年2月21日に急逝した大杉漣さん
Photo By スポニチ

 18年に急性心不全のため66歳で急逝した俳優・大杉漣さんの命日にあたる21日、J2徳島がクラブ公式ツイッターを更新。天国の大杉さんにメッセージを送った。

 クラブは昨年2月21日も公式SNSで大杉さんを追悼しており、今年も「今シーズンもともに。2020.2.21」と投稿。17年5月13日のJ2岐阜戦で主将のMF岩尾憲に花束贈呈を行い、手を叩いてチーム、サポーターを鼓舞する大杉さんの写真を添えた。

 徳島県小松島市出身の大杉さんは、前身の大塚製薬時代から徳島を応援。関東近県のアウェー戦のみならず、ホーム戦、遠方のアウェー戦にもスタジアム観戦に駆けつける熱烈なサポーターとして知られた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース