浦和・橋岡 負のデータズラリも「全く気にならない」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   湘南―浦和 ( 2020年2月21日    BMWス )

非公開の練習後も汗を流す浦和・橋岡
Photo By 共同

 浦和のU―23日本代表DF橋岡は21日、開幕のアウェー湘南戦でも先発が確実だ。直近の対湘南は1分け3敗、開幕戦もここ3年間は2分け1敗。金曜開催の「金J」は昨季7戦全敗…。そんな負のデータが並ぶが、橋岡は「(負のデータは)全く気にならない。絶対に負けたくないし僕自身、積極的に大胆にやれれば。今季はチームの中心となってやっていくつもり」と話した。

 昨季の3バックから4―4―2の右SBに変わり、攻守にアグレッシブさが増した。「攻撃的な部分は見てほしい」と自信がみなぎる。東京五輪イヤーの初戦。主役の座は渡さない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース