鹿島が呼びかけ「サイン、写真撮影のリクエストはご遠慮ください」 J開幕戦は予定通り開催

[ 2020年2月21日 19:20 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、Jリーグは20日にプレスリリースを発表。「今後も政府関係機関からの発表等を踏まえ、迅速な対応に努めます」とした上で、予定通り21日から23日までのJ1、J2リーグの開幕戦を行うことを決定した。

 クラブ側は対応に追われている。鹿島は公式ホームページを通じ、「トップチームのアウェー遠征時においても、選手、スタッフへのサインや写真撮影などのリクエストはご遠慮ください」とファンサービスの自粛を呼びかける異例のお願いを発表。チームは23日に敵地・広島戦を控えるが、移動の際には全選手、監督、スタッフにマスクの着用を義務づけることを決めた。クラブ関係者は「どこまで自粛すべきか線引きが難しい」としつつも、「選手、スタッフとファン、サポーター双方の安全が第一。感染拡大防止の意識を持ってもらえたら」と胸のうちを明かした。

 Jリーグの村井チェアマンは今後さらに感染が拡大した場合、無観客試合や東京五輪大会期間中への日程変更を検討することを示唆している。収束のめどが立たない状況下でリーグ開催を決定したからには、Jリーグ主導のもと、クラブ側と協力し対策を講じていくことが求められる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース