神戸 海外戦でイニエスタらに“ボディーガード”要請も

[ 2020年2月21日 05:33 ]

マスク姿で関西空港に到着した神戸・イニエスタ
Photo By スポニチ

 ACL1次リーグで開幕2連勝を飾った神戸が、今後の海外での試合時に元スペイン代表MFイニエスタらの警備を検討していることが20日、分かった。水原と戦った韓国遠征では、宿泊先にファンが押しかける騒ぎに。その対策として、ホテルなどに“ボディーガード”を要請する可能性が浮上した。

 今後、アウェーは4月21日にジョホール・ダルル・タクジム戦、5月27日に広州恒大戦が控える。現地で護衛をお願いすれば、万が一の事故を防ぐだけでなく選手たちのストレス軽減にもなる。

 チームはこの日、関西空港着の航空機で韓国から帰国。イニエスタや太腿裏を痛めたベルギー代表DFフェルマーレンらもマスクを着用していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース