C大阪 GK金鎮鉉、開幕戦でスタメン復帰へ 指揮官「多分、間に合う」

[ 2020年2月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   C大阪―大分 ( 2020年2月22日    ヤンマー )

C大阪の元韓国代表GK金鎮鉉
Photo By スポニチ

 C大阪の元韓国代表GK金鎮鉉(キムジンヒョン、32)がリーグ開幕・大分戦(22日、ヤンマー)でのスタメン復帰が有力になった。ロティーナ監督が20日、示唆した。

 「また明日、彼と話さないといけないけど良いトレーニングしているし、多分、間に合う。出られると思う」

 金鎮鉉はコンディション不良のため、2月上旬の宮崎キャンプを離脱。12日から練習に復帰も、今季初公式戦となった16日のルヴァン杯・松本戦は欠場していた。だが、非公開だったこの日の練習では精力的にこなしたもようだ。

 昨季はリーグ最少25失点。「自信が付くことは良い。でも、そこが自信以上になるとやられる。去年できたから今年もできるとは限らない。気持ちを抑えることが大事」と口元を引き締める守護神の帰還は、チームにとって大きな後押しだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース