川崎F 新布陣4―3―3で鳥栖撃破だ! 鬼木体制で“初勝利”目指す

[ 2020年2月21日 05:30 ]

明治安田生命J1第1節   川崎F―鳥栖 ( 2020年2月22日    等々力 )

川崎F・鬼木監督
Photo By スポニチ

 川崎Fは新布陣で“負の連鎖”ならぬ“分けの連鎖”も打ち破る。鬼木監督体制となって4年目だが、リーグ連覇を果たした17、18年、ルヴァン杯を制した昨年は、いずれもホームで鳥栖とドロー。3試合でわずか1得点と相手DF陣を崩せなかった。

 だが、引き分け覚悟で自陣に引いた相手を崩すために今季導入されたのが4―3―3の新布陣だ。今季公式戦初戦となったルヴァン杯・清水戦では5得点快勝と好発進。「一喜一憂できない」と妥協を許さない指揮官も、今週はさらなる修正を図っている。「自分たちの時間を徐々に増やしたい」とMF脇坂。王座奪回へ、まず鬼木体制となって等々力での鳥栖戦初勝利を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月21日のニュース