湘南 今季初の引き分けもチーム最速二桁勝ち点

[ 2019年4月14日 20:30 ]

明治安田生命J1第7節第2日   湘南1―1松本 ( 2019年4月14日    BMWスタジアム平塚 )

 湘南が今季初の引き分けに終わったが、湘南に移行後J1では最速で勝ち点を二桁に乗せた。

 後半6分にMF斎藤未月(20)のシュートがポストに当たったところをFW武富孝介(28)が頭で押し込んだ。今季4点目だが、武富は「チーム全体で取ったゴール」と振り返る。DF大野和成(29)も「前半は良かったが、後半点を取ってからバタバタした。もう少し冷静になってつないでいければ」と、終盤の失点を悔やんだ。チョウキジェ監督(50)も「交代の選手がもう少しパワーカベないと。でも、7試合で二桁得点はチームとしては初めて。次は連覇している川崎Fなのできょう以上に気持ちが入った試合にしたい」と切り換えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月14日のニュース