神戸 ポドルスキ、14日広島戦“ぶっつけ”も

[ 2019年4月14日 07:28 ]

神戸・ポドルスキ
Photo By スポニチ

 元ドイツ代表FWポドルスキが、きょう14日の広島戦(ノエスタ)に“ぶっつけ”で臨む可能性が出てきた。13日に神戸市西区で非公開調整。右太腿裏痛で前節松本戦を欠場した背番号10は別メニュー調整ながら、リージョ監督は「別メニューだから“試合に使えない”かというとそうではない。“試合にいるために”別メニューをやらせている段階」と説明した。

 右内転筋痛で松本戦を負傷交代した元スペイン代表FWビジャに関しては、ポドルスキよりもケガの程度は重い様子。ただ、ギリギリまで出場の可能性を探っていく方針で「(ビジャは)予防のためのトレーニングを多くしていて、リスクをかけたくないということ。そういうトレーニングをさせている」と指揮官は語った。

 広島は今季わずか1失点。現在は5試合連続無失点中で首位に立っている。その堅守を破るためには、元スペイン代表MFイニエスタを含めた「VIP」トリオが揃うことが必要なのかもしれない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月14日のニュース