独2部フュルト 井手口が半年ぶりメンバー入り、出番はなし

[ 2019年4月14日 23:29 ]

ドイツ2部第29節   ボーフム3―2フュルト ( 2019年4月14日 )

 ドイツ2部フュルトの元日本代表MF井手口陽介(22)が、約半年ぶりにメンバー入りを果たした。

 14日、アウェーのボーフム戦でベンチ入り。出場機会はなかったものの、右膝後十字じん帯を損傷した昨年9月30日のドレスデン戦以来、196日ぶりにトップチームでの実戦に絡んだ。6日には2軍にあたるU―23チームで4部の試合に先発したが、前半27分に警告2枚で退場となっていた。

 イングランド2部リーズから期限付き移籍中の井手口は、右膝負傷から復帰間近だった今年1月の練習中にひざの半月板を損傷。再離脱を余儀なくされ、専門誌キッカーなどでは「今季絶望」と報じられていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月14日のニュース