広島 リーグ戦5連勝で首位キープ!渡2発で逆転勝ち 神戸はイニエスタ2アシストも…

[ 2019年4月14日 17:49 ]

明治安田生命J1第7節   広島4―2神戸 ( 2019年4月14日    ノエスタ )

<神戸・広島>だめ押しのゴールを決める広島・渡(中央)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1リーグは14日、第7節最終日の7試合が各地で行われ、前節首位の広島はアウェーで神戸に4―2で逆転勝ち。リーグ戦5連勝で開幕からの無敗を守り、勝ち点17で並んだFC東京を得失点差で上回って首位をキープした。神戸はMFイニエスタのFKから2度リードを奪ったが、後半に8分間で3失点を喫してリーグ戦2連敗を喫した。

 前節は敵地で松本に1―2で敗れ、開幕戦以来5試合ぶりとなる今季2敗目を喫した神戸。元スペイン代表FWビジャは右内転筋痛で前半途中に交代し、イニエスタは微妙な判定への異議でイエローを受けるなど、後味の悪さが残った黒星だった。対する広島は、開幕から2試合連続で引き分けた後4連勝。前節はG大阪に3―0で快勝し、クラブ新記録となるリーグ戦5試合連続完封で首位に浮上した

 ここまでリーグ戦わずか1失点の堅守を誇る広島を、右太腿裏痛から復帰したFWポドルスキら神戸攻撃陣がどう崩すかが注目された試合。先制点をもたらしたのは元スペイン代表の右足からだった。左サイドで得たFKからイニエスタの精度の高いクロスをニアに上げると、走り込んだFWウェリントンが力強いヘディングシュートを決めて先制に成功。同23分、DFダンクレーのパスミスを突かれてFWパトリックに同点ゴールを決められたが、5分後に再びイニエスタの右足から勝ち越し。右サイドでFKを獲得すると、相手の隙を突いて素早くリスタートしたイニエスタが鋭い縦パスを通し、走り込んだFW古橋が冷静に左足でゴール。神戸が2―1と再びリードして前半を折り返した。

 後半、神戸はイニエスタが鋭いスルーパスで再三好機を演出したが、得点にはつながらず。すると20分、広島はMF川辺が右サイドからゴール前にクロスを送ると、MF渡、野津田がヘッドでつなぎ、最後は混戦からMF柏が頭で押し込んで試合を振り出しに。広島は4分後には川辺のドリブルからチャンスをつくると、MFサロモンソンが右サイドから浮き球のクロスを送り、最後は渡がバイシクル気味の右足ボレーシュート。ポストに当たってゴールネットを揺らし、3―2と試合をひっくり返した。

 勢いに乗る広島は同28分には野津田の左クロスから、ペナルティーエリアに走り込んだ渡が体勢を崩しながらも右足ボレーで決めて4点目。開幕戦以来となる先発起用に応えた渡の2得点で試合を決め、広島がリーグ戦5連勝で首位をキープした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月14日のニュース