森保J、メンバー総入れ替えでボリビア戦 東京Vユース出身3選手先発 香川が主将務める

[ 2019年3月26日 19:00 ]

<キリン杯 日本・ボリビア>前半、香川 (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 森保一監督(50)率いるサッカー日本代表は26日、兵庫県のノエビアスタジアム神戸で行われる国際親善試合でボリビア代表と対戦する。

 午後7時半のキックオフに先立って先発メンバーが発表され、日本代表は0―1で敗れた22日のコロンビア戦(日産ス)から先発11人全員を変更。東京Vユース時代の同期で、ともにA代表初招集のDF安西幸輝(23=鹿島)、DF畠中槙之輔(23=横浜)、同じく東京Vユース出身のMF小林祐希(26=ヘーレンフェイン)がそろって先発メンバーに名を連ねた。

 昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会以来の代表復帰を果たしたMF香川真司(30=ベシクタシュ)が主将を務め、追加招集で初代表となったMF橋本拳人(25=FC東京)はデビュー戦でいきなり先発となる。

 日本の先発メンバーは以下の通り。

 【GK】シュミット・ダニエル(27=仙台)
 【DF】西大伍(31=神戸)、三浦弦太(24=G大阪)、安西幸輝(23=鹿島)、DF畠中槙之輔(23=横浜)
 【MF】乾貴士(30=アラベス)、香川真司(30=ベシクタシュ)、小林祐希(26=ヘーレンフェイン)、宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)、橋本拳人(25=FC東京)
 【FW】鎌田大地(22=シントトロイデン)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月26日のニュース