“ボンバー2世”畠中、成り上がる デビュー戦スタメンへ気合十分

[ 2019年3月26日 05:30 ]

国際親善試合   日本―ボリビア ( 2019年3月26日    ノエスタ )

アップをする畠中(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 “ボンバー2世”畠中がデビュー戦に腕をぶした。センターバック(CB)でのスタメンが濃厚で「緊張していますが、自分がどこまでできるか楽しみ。攻撃時のリスク管理をしっかりやりたい」とキッパリ。J1リーグ出場数はわずか9試合だが、尊敬する元日本代表DF中沢佑二氏のような成り上がりを見据えた。

 昨夏にJ2東京Vから横浜に移籍。昨季限りで中沢氏が引退したため共闘は半年間だけだったが、ストイックな食生活やトレーニングに感銘を受けた。理想のCBも「ユウジさん」と名前を挙げる。
 もちろん、空中戦の強さを誇った中沢氏をマネするわけではない。武器は周囲と連動した守備と攻撃の起点になるパス。同じくデビューが濃厚なMF橋本とともに、森保ジャパンに新風を吹かせる。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年3月26日のニュース