森保J、決勝の相手はカタール ザックUAEを4得点で粉砕

[ 2019年1月30日 05:30 ]

アジア杯準決勝   カタール4―0UAE ( 2019年1月29日 )

得点を喜ぶカタールの選手たち(AP)
Photo By AP

 森保ジャパンの相手がカタールに決まった。29日にアブダビで準決勝のもう1試合が行われ、カタールが、ザッケローニ監督率いる開催国のUAEを4―0で下し、初めて決勝(2月1日、アブダビ)に進出した。

 国交が断絶された国同士の戦いは、会場に4万人近いUAEサポーターが集結。その中で、カタールは前半22分にDFフーヒーが先制すると、同37分に1トップのFWアリが魅せた。3人に寄せられながら、左サイドを力強いドリブルで突破。右足で96年のアリ・ダエイ(イラン)に並ぶ大会最多8得点目を記録した。後半35分と同アディショナルタイムにもカタールが追加点を奪うと、地元のファンからピッチに数々の履き物とペットボトルが投げ入れられた。ものものしい雰囲気に包まれた中、試合は終了した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース