南野、決勝で初ゴールだ!決勝に向け執念アシストで全得点演出

[ 2019年1月30日 05:30 ]

アジア杯準決勝   日本3―0イラン ( 2019年1月28日    UAE・アルアイン )

後半、ドリブルする南野(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 執念のアシストで決勝進出に貢献した南野が、ファイナルの舞台で今大会初ゴールを狙う。準決勝イラン戦では後半11分に相手に倒されながら、1人だけボールを追いかけ、正確なクロスで大迫の決勝点を演出。同18分にはPKを獲得するなど全3得点に絡み「攻撃の選手なんで、得点に絡んでチームに貢献したいと思っていた」と振り返った。

 今大会では不動のトップ下として先発起用されながら、無得点が続いている。準決勝でアシストを記録した今、次に求められるのはゴール。「応援してくれている人のためにも絶対に優勝して日本に帰りたい。ラスト1試合勝って帰りたい」。最後まで泥くさく戦い、アジア杯制覇に貢献する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース