酒井、検査も異常なし 遠藤、決勝は欠場示唆「たぶん難しい」

[ 2019年1月30日 05:30 ]

アジア杯準決勝   日本3―0イラン ( 2019年1月28日    UAE・アルアイン )

 準決勝イラン戦で負傷交代したDF酒井とMF遠藤が、アブダビの病院で精密検査を受けた。酒井は相手選手と接触した際に右足を痛めたものの、検査した結果、異常はなかった。

 左太腿裏痛の遠藤は、決勝に出場できる可能性にかけて治療していく見込み。ただ、本人は試合後に「僕も最後までできることをやって、みんなで優勝したい」と話した一方で、「たぶん(決勝は)難しいと思います」と欠場も示唆していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース