森保監督、決勝の相手を視察 優勝へのカギは試合中の対応力

[ 2019年1月30日 05:30 ]

アジア杯準決勝   日本3―0イラン ( 2019年1月28日    UAE・アルアイン )

 快勝したイラン戦から一夜明けた29日、森保監督は早速、2月1日の決勝に向け、関塚技術委員長、テクニカルスタッフらと一緒に準決勝のカタール―UAE戦(アブダビ)を視察した。この日はイラン戦の先発組はホテル内でリカバリー、サブ組がアルアインの練習場で約2時間調整した後、アブダビ入りした。

 イランとの準決勝後は「試合の入りから攻守ともアグレッシブにプレーしてくれた。決勝の舞台でも理想のサッカーは持った上で試合の中では現実と向き合いながら戦えれば」と話していた。選手&監督として優勝すれば史上初。偉業達成の鍵を試合中の対応力に求めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース