塩谷、完封でいざ頂点へ “地元”で有終を飾るために先発へ

[ 2019年1月30日 05:30 ]

アジア杯準決勝   日本3―0イラン ( 2019年1月28日    UAE・アルアイン )

後半、懸命に守る塩谷
Photo By スポニチ

 決勝で4試合ぶりに先発出場する可能性が高まった。左太腿裏を痛めたMF遠藤に代わり、イラン戦では後半15分からスクランブル。ダブルボランチの一角で完封勝利に貢献し、決勝に向けて「最後、自分のできることを精いっぱいやりたい。全勝でアジア杯を終えられるようにしたい」と意気込みを語った。

 守田の離脱により大会直前に緊急招集。初先発を果たした1次リーグ第3戦ウズベキスタン戦では決勝点も決めた。UAEのアルアインに所属するラッキーボーイが“地元”で有終を飾る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース