日本代表 DF酒井が練習合流 左太腿裏痛の遠藤は宿舎で調整

[ 2019年1月30日 22:46 ]

練習に参加した酒井(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は30日、現地時間午後5時からアブダビで、カタールとの決勝(2月1日)に向けて練習を行った。

 準決勝イラン戦で右足首付近を痛めて29日にアブダビの病院で精密検査を受け、異常なしと診断されたDF酒井宏樹は、問題なく練習に参加。冒頭からスパイクを履いて他の選手と同じようにジョギングなどのアップをこなした。また、左太腿裏痛のMF遠藤航は宿舎で調整した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月30日のニュース