×

広州恒大 プレミアリーグがら大型ストライカーを”爆買い”も

[ 2019年1月19日 17:59 ]

 中国スーパーリーグの強豪・広州恒大が、プレミアリーグがら大型ストライカーを”爆買い”する可能性が出てきた。

 英スカイスポーツ、英紙タイムズなど複数の地元メディアは18日、ウェストハムのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(29)が19日のボーンマス戦の招集メンバーから外れたと報道。理由は移籍交渉のためで、クラブは広州恒大から移籍金3500万ポンド(約49億3500万円)という巨額オファーを受けているという。

 身長1メートル92のアルナウトビッチは、2017年にストークからウェストハム史上最高の移籍金2000万ポンド(約28億2000万円)で加入し、昨季はチーム最多のリーグ11得点(31試合)、今季は同2位の7得点(16試合)と活躍。オーストリア代表では国際Aマッチ77試合で20得点を挙げている。

 広州恒大にはブラジル代表MFパウリーニョ(30)らブラジル人選手3人在籍。外国人選手枠は1つ空きがある。昨季は中国スーパーリーグで2位に終わり8連覇は逃したが、今年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権は獲得。1次リーグF組で、J1広島がプレーオフを勝ち抜けば同組となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年1月19日のニュース