槙野、先制点許し猛省「ケアしていたが、ズレが生じた」

[ 2019年1月19日 05:30 ]

アジア杯1次リーグF組   日本2-1ウズベキスタン ( 2019年1月17日    UAE・アルアイン )

槙野が前半ショムロドフにサイドを抜けられる
Photo By スポニチ

 DF槙野は失点シーンを悔やみながらも決勝トーナメントへ切り替えた。前半40分、ハーフウエー付近から相手FWに突破を許し、先制点を許した。「ケアはしていたが、ズレが生じた。あそこは三浦選手と話し合わないといけない。関係性や距離感の問題。そこは分かっている」と反省。

 それでも先発が10人入れ替わった中で勝ち切ったことには「挽回できたのはよかった」と手応えを感じていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月19日のニュース