×

南米選手権1次リーグ抽選のポット分け 日本は第3ポット

[ 2019年1月19日 16:40 ]

 南米サッカー連盟は18日、日本代表が招待参加する南米選手権(ブラジル、6月14〜7月7日)の1次リーグ抽選のポット分けを発表した。

 FIFAランキング順で分けられ、日本は第3ポットに入った。

 1次リーグの抽選は1月24日にリオデジャネイロで行われる。

 1次リーグはA〜Cの3組に分けられ、各組上位2チームと、各組3位の上位2チームの計8チームが決勝トーナメントに進出する。

 ポット分けは以下の通り。カッコ内の数字はFIFAランキング。

第1ポット:ブラジル(3)、ウルグアイ(7)、アルゼンチン(11)

第2ポット:コロンビア(12)、チリ(13)、ペルー(20)

第3ポット:ベネズエラ(31)、パラグアイ(32)、日本(50=招待参加)

第4ポット:エクアドル(57)、ボリビア(59)、カタール(93=招待参加)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年1月19日のニュース