×

岡崎の移籍先候補にフラムが浮上 残留争うチームで争奪戦の様相も

[ 2019年1月19日 20:05 ]

レスターの岡崎慎司
Photo By スポニチ

 イングランド・プレミアリーグ、レスターの元日本代表FW岡崎慎司(32)の去就で、また移籍先候補が浮上した。

 18日付の地元紙ロンドン・イブニング・スタンダード(電子版)は、リーグ19位のフラムが岡崎の獲得を目指していると報道。これまで地元メディアで伝えられてきたリーグ17位のカーディフ、最下位のハダースフィールドとともに、残留を争うチームによる岡崎争奪戦の様相を呈してきた。

 フラムは昨年11月に元レスターのクラウディオ・ラニエリ氏(67)が監督に就任。同紙によると、イタリア人指揮官はレスター監督時代の2015〜16年にともに奇跡のリーグ優勝を成し遂げた岡崎とDFダニー・シンプソン(32)の教え子2人の獲得を目指しているという。

 18日付の地元紙レスター・マーキュリー(電子版)によると、レスターのクロード・ピュエル監督(57)は岡崎がチームの一員であることを強調。「もう出る時期かなとも思っている」などと移籍を希望している日本人ストライカーについて「選手が不満を抱えることは理解できる。現時点で私はシンジに満足しているし、チームの一員だ。他の選手と同様に重要な選手」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年1月19日のニュース