×

岡崎 2試合連続のベンチ外 ハダースフィールド、カーディフ、フラムなどが獲得に動く

[ 2019年1月19日 21:08 ]

プレミアリーグ第23節   ウルバーハンプトン―レスター ( 2019年1月19日 )

レスターの岡崎慎司
Photo By スポニチ

 イングランド・プレミアリーグ、レスターの元日本代表FW岡崎慎司(32)が19日、アウェーのウルバーハンプトン戦でメンバーから外れた。前節のサウサンプトン戦(12日)に続いて2試合連続のベンチ外。

 一方でイングランド2部(チャンピオンシップ)のウェストブロミッジでの期限付き移籍から復帰したばかりのU―21イングランド代表MFハーベイ・バーンズ(21)が2試合連続でベンチ入り。前節サウサンプトン戦で途中出場している。

 岡崎はリーグ11試合ぶりにベンチ外となったサウサンプトン戦後に「(レスターに)3年半いて、もう出る時期かなとも思っている」と今月の移籍期間で退団を視野に入れていることを明言。地元メディアではハダースフィールド、カーディフ、フラムなどが獲得に動いていると報じられている。

 レスターのピュエル監督は17日の会見で、移籍希望の岡崎について「選手が不満を抱えることは理解できる。現時点で私はシンジに満足しているし、チームの一員だ。他の選手と同様に重要な選手」と話していたが、現状では”戦力外”といえそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2019年1月19日のニュース