鹿島 内田篤人が新キャプテン就任 必勝祈願で「再起」の二文字

[ 2019年1月19日 11:34 ]

鹿島の新キャプテンに就任した内田篤人(中央)
Photo By スポニチ

 全冠達成を目標に掲げるアジアチャンピオンの鹿島は、元日本代表DF内田篤人(30)が新キャプテンに就任することが19日に明らかとなった。チームはこの日、昨年のACL優勝の報告会と2019年シーズンの必勝祈願を鹿島神宮で行った。

 内田は昨年1月2日にドイツ2部のウニオン・ベルリンから鹿島に電撃復帰。チームの悲願だったアジア初制覇に貢献した。長年主将としてチームを引っ張った元日本代表MF小笠原満男氏が昨年限りで現役を引退。内田は小笠原魂を継いで新主将に就任する。

 絵馬に「再起」の二文字を記した内田は自らの完全復活を期し、新キャプテンとしてチームをけん引する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年1月19日のニュース