鹿島FWペドロ・ジュニオールがフォルタレーザへ完全移籍

[ 2019年1月11日 15:45 ]

 J1の鹿島は11日、武漢(中国)に期限付き移籍していたFWペドロ・ジュニオール(31)がフォルタレーザEC(ブラジル)に完全移籍すると発表した。

 ブラジル出身の同選手は2007年に大宮入りしたのを皮切りにJリーグ各クラブを渡り歩き、新潟、G大阪、FC東京、神戸などを経て17年に鹿島入り。昨年7月から武漢に期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が147試合47得点、J2が2試合0得点。18年シーズンはJ1で7試合0得点だった。

 ペドロ・ジュニオールはクラブを通じて「日本で長くプレーしてきましたが、ブラジルへ戻ることになり、最後のクラブとなった鹿島アントラーズに感謝の気持ちと、敬意と愛情を持って接してくれたサポーターの方々にありがとうと伝えたいです。フォルタレーザで素晴らしいシーズンにするため、これからも努力したいと思います」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月11日のニュース