横浜DF栗原、中沢との最終ライン「誇り」GK飯倉「守備のDNA体現し続けた人」

[ 2019年1月11日 05:30 ]

横浜のDF栗原
Photo By スポニチ

 横浜は今季初練習を横浜市内で行った。8日に元日本代表DF中沢が現役引退を発表。最終ラインで長くコンビを組んだ栗原は「どの選手よりも一緒に試合に出たのは自分だと思うし、それは誇り」と思いを口にした。

 32歳のGK飯倉は「マリノスの守備のDNAを継いで体現し続けた人」と改めて鉄人の凄さを語るとともに「今季は20代後半の選手にチームを引っ張ってほしい。(自分は)きついことも言い、ハッパをかけたい」とご意見番になることを宣言した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月11日のニュース