オマーン敗戦、試合終盤失点 ウズベキスタンに1―2で敗れる

[ 2019年1月11日 05:30 ]

 アジア杯第5日は9日、アルアインなどで行われ、F組で日本と13日に対戦するオマーンはウズベキスタンに1―2で敗れた。

 大宮、京都、オーストラリア代表などを率いたファーベーク監督の下、1点を追う後半27分に21歳FWムーセンが相手最終ライン裏を突いて同点ゴールを決めた。だが、同40分に失点。守備陣が相手FWショムロドフの突破を止められず決勝ゴールを許した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月11日のニュース