アジア王者・鹿島、3年ぶりの戴冠へ開幕戦はJ1復帰の大分と激突

[ 2019年1月11日 08:00 ]

 今季のJ1リーグの開幕カード(2月22〜24日)が判明。アジア王者として3年ぶりの戴冠を目指す鹿島は、6年ぶりにJ1復帰した大分と対戦する。

 昨季J2最多の76得点をマークした攻撃的サッカーを堅守で迎え撃つ。FW杉本、DF鈴木、DF山中と日本代表経験者を数多く補強した浦和は仙台と当たる。昨年の天皇杯決勝戦(1―0)と同じカードだが、豊富な戦力を武器にリベンジを阻止できるか。大分とともに昇格した松本は磐田と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月11日のニュース