大分 片野坂監督がJ1残留へ気合「一体感持って」

[ 2019年1月9日 05:30 ]

6季ぶりにJ1に復帰し、記者会見で新体制を発表する大分の片野坂監督
Photo By 共同

 6季ぶりにJ1に復帰した大分は、大分市内で新体制を発表し、片野坂監督は「目標のJ1残留をつかみたい。厳しい戦いの中で一体感を持ってやる」と口元を引き締めた。就任4年目で初めてJ1で指揮を執る。

 昨季はJ2で最多の76得点。さらにJ2山口でリーグ2位の22ゴールを決めたFWオナイウ阿道が加わる。「得点力を上げるために彼も呼んだし、いろんなパターンが期待できる」と攻撃的サッカーのレベルアップを目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月9日のニュース