長友は“弟子”堂安ゴール喜ぶ、ミス屈しない精神面称賛

[ 2019年1月10日 00:39 ]

サッカーアジア杯1次リーグF組   日本3―2トルクメニスタン ( 2019年1月9日    UAE・アブダビ )

<日本・トルクメニスタン>後半26分、日本3点目のゴールを決める堂安(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 左サイドバックでフル出場したDF長友が“弟子”のゴールを喜んだ。後半26分、MF堂安がチームの3点目を決めると、真っ先に駆けつけて祝福。今合宿で宿舎内のトレーニングなどで行動をともにしている後輩のゴールに「弟子なんで。師匠がカバーできなかったんで、彼のミスを。だから彼が点を取って凄くうれしかったです」と振り返った。

 カバーできなかったミスとは、堂安のパスを奪われたところから生まれた先制点の場面だった。

 「(ボールを取られてから)中盤の選手にパンと(ボールが)入ったんですけど、僕かセンターバックがリスクマネジメントをね。たぶん、僕が(前に)出た方が良かったんですけど。あそこをフリーにさせたから、前を向かれてズルズルといってしまった僕自身がリスクマネジメントしてあそこに入っていれば、全く問題なかった。僕の責任だと思っています」

 先制されたシーンを反省した長友。同時に、そのミスに屈することなくゴールを奪った堂安の精神面を称えた。

 「あそこで下を向かずに仕掛け続けるというのが、彼のメンタルの強さ。20歳で初めての公式戦で自分のミスから失点して。普通はナーバスになったりネガティブになったりして仕掛けられない選手がほとんどなんですけど。彼の良さは、それでも仕掛けるところ。だから、彼の1点目につながったと思う」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2019年1月9日のニュース