20歳鈴木がダメ押し点 Cロナウドと同じパフォーマンス披露

[ 2016年12月14日 23:46 ]

クラブW杯準決勝 ( 2016年12月14日    吹田S )

後半、3点目のゴールを決め喜ぶ鹿島・鈴木
Photo By 共同

 鹿島の20歳FW鈴木が投入された1分後にダメ押し点を挙げた。後半40分、金崎の右クロスを押し込み「いいボールが来たからね。夢生くんとはお互いに分かり合えている」と胸を張った。

 ゴール後にはジャンプしてから両手を大きく広げるレアル・マドリードのエース、Cロナウドと同じパフォーマンスを披露した。憧れのスターと決勝で対戦することを熱望しており「夢みたいなこと。レアルに勝って、日本サッカーが成長していると見せつけたい」と威勢が良かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース