宇佐美所属のアウクスブルクが監督解任 後任は下部組織監督

[ 2016年12月14日 23:00 ]

 サッカーのドイツ1部リーグで宇佐美貴史の所属するアウクスブルクは14日、ディアク・シュスター監督とコーチ2人をサッカースタイルの方針の違いなどから解任したと発表した。当面は下部組織監督のマヌエル・バウム氏が指揮を執る。

 就任1年目で48歳のシュスター氏は守備的サッカーを展開したが、チームは3勝5分け6敗の勝ち点14、13位と低迷。今夏加入した宇佐美はここまで4試合の途中出場にとどまっている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース