Aナシオナル 鹿島戦へ調整、FWボルハら軽快な動き披露

[ 2016年12月14日 05:30 ]

クラブW杯準決勝 ( 2016年12月14日    吹田 )

記者会見するAナシオナルのルエダ監督
Photo By 共同

 Aナシオナル(コロンビア)は鹿島と対戦する南米王者は堺市内で調整した。

 冒頭15分のみ公開された練習では、リオ五輪にU―23コロンビア代表として出場したFWボルハらが軽快な動きを披露した。今季はリベルタドーレス杯を制しただけでなく、スダメリカーナ杯の決勝に進むなど国際大会2冠に王手をかけていた。その決勝で対戦予定だったのが、飛行機墜落事故により多くの犠牲者を出したシャペコエンセだった。同クラブに優勝を譲ったルエダ監督は「それが最大限の賛辞になると思った。彼らのためにも全力を尽くす」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース