浅野 3戦連続アシストも…決定機逃し独紙からは辛口評価

[ 2016年12月14日 05:30 ]

ドイツ2部 ( 2016年12月14日 )

ハノーバー戦の前半、競り合うシュツットガルトの浅野(左)
Photo By 共同

 ドイツ2部シュツットガルトのFW浅野は左サイドで先発し、3戦連続でアシストを記録した。

 前半12分、浅野のトラップミスかと思われたボールがゴール前へのラストパスとなり先制点へのアシストとなった。同30分と後半7分には決定機が訪れるも決めきれず同19分に交代。ビルト紙は「取り組みは見せたが、ひどいボールタッチで決定機を逃した」と辛口で評した。チームは終盤に勝ち越しを許し、1節で首位陥落となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース