J理事会 シャペコエンセ犠牲選手遺族らに追悼ビデオ贈呈へ

[ 2016年12月14日 05:30 ]

Jリーグ理事会

 11月にコロンビアで起きた航空機墜落事故でシャペコエンセ(ブラジル)の多くの選手らが犠牲になったことを受け、村井チェアマンがクラブ、遺族などに“追悼ビデオ”を贈る方針を示した。

 犠牲者にはFWケンペスらJリーグ経験者5人が含まれており、Jリーグ時代の活躍を編集した映像を制作。チェアマン直々にブラジル入りする予定で「先方とお話しさせていただき、なるべく早いタイミングを探したい」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース