J2昇格大分、J2降格の名古屋からDF竹内彬を獲得「全身全霊で闘う」

[ 2016年12月14日 15:12 ]

 来季J2へ昇格する大分は14日、来季J2へ降格する名古屋からDF竹内彬(33)が完全移籍で加入すると発表した。

 神奈川県出身の竹内は向上高、国士舘大を経て2006年に名古屋入り。11年から14年まではJ2千葉でプレーし、15年に名古屋へ復帰した。リーグ戦の通算成績はJ1が126試合2得点、J2が122試合11得点。今季はJ1リーグで30試合に出場して2得点をマークしたが、11月10日に名古屋から来季の契約を更新しないことが発表されていた。

 竹内は大分を通じ、「大分トリニータでプレーできることを大変光栄に思います。トリニータが再びJ1に返り咲く為に、今まで自分自身が培ってきた全てを注いで、トリニータの勝利に貢献したいと思います。全身全霊で闘います。ご声援よろしくお願い致します」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース