Aナシオナル前半の猛攻実らず零敗…ルエダ監督「過信したのが間違い」

[ 2016年12月14日 23:27 ]

クラブW杯準決勝 ( 2016年12月14日    吹田S )

 Aナシオナルは前半だけで16本のシュートを打ったが、GK曽ケ端の好セーブや枠に阻まれた。逆にPKで先制されると、後半は失速し、終盤に立て続けに失点。ルエダ監督は「大きなチャンスが何度もあった。これでいけるんじゃないかと自分たちのプレーを過信したのが間違いだった」と話した。

 決勝進出を逃し、3位決定戦に回ることになった。監督は「プライドを保つためにも、そこでいい試合をしないといけない」と切り替えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース