クラブW杯から刺激!ガンバ丹羽 天皇杯VでのACL出場意欲

[ 2016年12月14日 05:30 ]

 G大阪のDF丹羽が天皇杯へのモチベーションを新たにした。

 吹田スタジアムで開催された11日のクラブW杯準々決勝・鹿島―マメロディを観戦。自らの本拠地で行われた一戦を前に「やっぱり来年もアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場したい」と国際大会出場への思いを強めた。天皇杯で優勝すれば来季ACL出場権を獲得できるだけに「今年はリーグ戦(4位)もルヴァン杯(準優勝)もタイトルを逃してきた。今の仲間とやれるのも最大3試合だし、悔しい思いをぶつけたい」と気合を入れ直した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月14日のニュース