横浜DF中沢 ルヴァン杯優勝へ闘志「引退までにタイトル獲る」

[ 2016年10月9日 06:30 ]

ルヴァン杯優勝へ向け意気込みを語った横浜DF中沢
Photo By スポニチ

 ルヴァン杯は9日に準決勝第2戦の2試合が行われ、横浜はホームでG大阪と対戦。元日本代表DF中沢がタイトルへの強い気持ちを口にした。

 敵地での第1戦は0―0ドロー。優勝した01年以来の決勝進出には、勝利が絶対条件となる。中沢は「選手はみなタイトルへの思いは強い。まずは決勝に行かないとスタートラインに立てない」と強調。「40歳まで現役」を目標にする38歳のベテランDFは「僕もゴールラインが近い。チャンスは少ない。チャンスが来たらそれを逃さないようにしないと」と力を込めた。

 また今大会で好セーブを連発し、チームの躍進に貢献してきたGK榎本も「記憶に残すにはタイトルを獲るしかない」と意気込みを語っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月9日のニュース