岡山湯郷、自動残留が絶望的に…ラスト勝利は4月 ついに11連敗

[ 2016年10月9日 15:25 ]

なでしこリーグ第16節第2日 ( 2016年10月9日 )

 女子サッカーのなでしこリーグは9日、各地で第16節第2日の2試合が行われ、岡山湯郷が0―3で千葉に敗れ、自動残留が絶望的となった。

 岡山湯郷は4月24日の浦和戦で勝ったのを最後に11連敗となり、勝ち点は10のまま。浦和は2―0で伊賀を下して勝ち点を16に伸ばして自動残留となる8位をキープした。なでしこリーグは最下位の10位チームが自動降格となり、9位は2部2位との入れ替え戦に回るが、自動残留圏となる8位・浦和と10位・岡山湯郷の勝ち点は6差。残り2試合を浦和が2連敗、岡山湯郷が2連勝で勝ち点が並ぶが、現時点で2チームの得失点差は20点差がついており、岡山湯郷は厳しい状況に追い込まれた。

 第16節の残り1試合は10日に行われ、新潟がホームでコノミヤ高槻と対戦。勝ち点11で9位のコノミヤ高槻は岡山湯郷を突き放すためにも負けられない1戦となる。

 なお、なでしこリーグは8日に日テレが6連勝を飾り、2試合を残して2年連続14度目の優勝を決めている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月9日のニュース