浦和 13年ぶり王者へあと1勝! ハット達成の興梠「タイトルを獲りたい」

[ 2016年10月9日 16:18 ]

YBCルヴァン杯準決勝第2戦 ( 2016年10月9日    埼玉 )

<ルヴァン杯準決勝 浦和・FC東京>前半24分、浦和・興梠が先制ゴールを決める(左はFC東京・吉本)
Photo By スポニチ

 浦和のFW興梠がハットトリックを達成し、準優勝した2013年以来3年ぶりとなるルヴァン杯決勝進出へとチームを導いた。

 アウェーで行われた5日の第1戦を2―1で勝利し、有利な状況で迎えた第2戦。興梠は前半24分、同38分と立て続けに押し込んでゴールを決めると、後半8分には駒井が得たPKを決めてハットトリックを達成した。

 興梠は「いい時間帯で1点取れたので、本当にきょうは素晴らしいサッカーができたんじゃないかなと思います」と満足げ。15日に一発勝負で行われる決勝戦では、3年連続決勝進出のG大阪とホームの埼玉スタジアムで対戦するが、「ガンバには悔しい思いをさせられることが多いので、次こそ借りを返したい。このスタジアムでできることは心強い。タイトルを獲りたいと思います」と2003年以来13年ぶりの優勝へ意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月9日のニュース