カズ 後半途中出場も不発…“元代表対決”はドロー

[ 2016年10月9日 05:30 ]

明治安田生命J2第35節 ( 2016年10月8日    ニッパツ )

<横浜FC・長崎>後半、高杉(中)にユニホームを引っ張られながらボールを追いかける横浜FC・三浦知(右)
Photo By スポニチ

 J2横浜FCはFW三浦知の2本のシュートもゴールにならず、2―2で引き分けた。

 前半イバの2点でリードしたが、後半37分に同点、ここで三浦知を投入した。43分に左足でミドルシュート、46分には左からのクロスをヘディングしたが、決まらなかった。日本代表の“戦友”長崎の高木監督も「0―2から追いついたのは収穫だったが、三度目の正直で勝ちたかった」と、三浦知に勝てず、残念そうだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月9日のニュース