●なら指揮官の進退論再浮上も…田嶋会長「全ての試合が厳しい」

[ 2016年10月9日 05:30 ]

W杯アジア最終予選 ( 2016年10月11日    メルボルン )

 日本サッカー協会の田嶋会長がオーストラリア―日本戦に向け、成田空港からメルボルンに出発した。

 負ければハリルホジッチ監督の進退論が再浮上する可能性のある中で「全ての試合が厳しい。一試合の結果で一喜一憂しないようにしたい。目の前の試合に勝つことだけを考える」。7日の練習中に脳振とうを起こした長友の離脱については「残念だが、チームは誰が試合に出てもいい状態だと思う」と語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年10月9日のニュース