C大阪・扇原 名古屋移籍有力!「自分の中では決めている」

[ 2016年6月30日 08:00 ]

 J2C大阪MF扇原の名古屋移籍が有力となった。本職のボランチだけではなくセンターバックも可能な扇原は複数クラブから興味を持たれていたが、最も熱烈なオファーを出した名古屋入りへ前進している。

 扇原は「自分の中では決めているけど、まだ何も話せない」と話すにとどめたが、大熊監督は「実際にオファーは届いている。タカ(扇原)の意思確認をしながら、クラブ間で最後の詰めをしている段階」と認めた。J1で14位と低迷する名古屋はFC東京から元韓国代表MF河大成(ハ・デソン)とJ2松本からDF酒井隆を獲得している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース