矢島 勝ち越し弾も本大会へ課題「もう少しやらないと」

[ 2016年6月30日 05:30 ]

南アフリカ戦の前半、勝ち越しゴールを決め喜ぶ矢島(10)

国際親善試合 U23日本代表 4―1 U23南アフリカ代表

(6月29日 松本)
 U―23日本代表MF矢島が勝ち越し弾を決めた。

 1―1の前半45分、右サイドでボールを持つと、追い越していったDF室屋にパス。前線へ駆け上がると、折り返しを右足で決めた。手倉森監督も「試合を決定づける仕事をした」と称賛。それでも本人は「試合をコントロールするところだったり、もう少しやらないと」と本大会を見据えて課題を挙げていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2016年6月30日のニュース